カレンダー 花情報 古墳・遺跡 源氏物語・文学 歴史と幕末 花 街 古典芸能 修学旅行 飛雲庵 他府県版 海外版 報道関係


HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク アップファイル一覧 検索 過去ログ

ツリー一括表示

*ツリー一括表示では画像も強制的にアイコン表示になります。

Nomal 南座の内装、京都の技彩る 11月新開場へ扉や壁紙製作 /管理人 (18/07/13(Fri) 17:01) [4465]


親記事 / 返信無し
[4465]  南座の内装、京都の技彩る 11月新開場へ扉や壁紙製作
□投稿者/ 管理人 院生(4234回)-(2018/07/13(Fri) 17:01:24)

     2年前から耐震改修のため休館している南座(京都市東山区)が11月に新開場するのを前に、扉や壁に張られる内装材や絨毯(じゅうたん)の製作が京都の織物会社で進んでいる。ボタンの花や鳳凰(ほうおう)など従来のデザインを踏襲しながら、すべて新調するといい、職人が織機を調整しながら風合いなどの再現に努めている。

     南座のロビーと客席を結ぶ扉には、えんじ色を基調にした織物が張られている。ボタンの花を金糸であしらい、和の風格を醸す。

     左京区の川島織物セルコンで織っており、金糸一つにしても以前と同様の色合いになるように京都の糸メーカーの糸を採用。柔らかな風合いで柄を復元するため織機を選んで調整する。8月ごろまでに仕上げる。

     南座では、客席やロビーの壁に張られる「壁紙」も実は織物で作られている。特に客席では、芝居の雰囲気を大切にするため、白を基調にしながらも少しグレーがかった温かみのある色合いにするなど、細かく打ち合わせを重ねている。

     同社の担当者は「全て南座のオリジナルデザイン。壁紙まで織物で張られる建物は珍しい。着物姿でにぎわう劇場の内装に、京都の織物が息づいていると知っていただければ」と話す。

     同社は、2011年に新調された南座の緞帳(どんちょう)の製作も手がけ、現在保管中。松本幸四郎さん一家の襲名披露を兼ねた11月の顔見世興行で、いよいよ、その幕が上がる。
[ □ Tree ] [ 返信 ] 削除キー/


HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 スレッド表示 トピック表示 発言ランク アップファイル一覧 検索 過去ログ

- Child Tree -